スポーツ前後に水素水を飲むと効果を高めることができる

水素水の効果を高めるタイミング~マラソンは水分補給が大切~

前述したように、スポーツをする際は水素水を飲むことで活性酸素を抑えることができます。より効果的に水素水を飲むためには、飲むタイミングや量を考えることが大事です。

マラソンで水素水を飲む

水素水を飲むタイミング
運動をすると、自然に体温が上昇して、汗をかきます。気化熱によって体温をコントロールしているのです。マラソンのように長時間激しい運動を続けるスポーツは、汗をかき続けるので、こまめな水分補給が大事です。喉の渇きを感じたら、脱水症状が始まっている合図なので、計画的に水素水で水分補給をしましょう。また。水素水の効果を高めるためには、マラソン中よりも運動前後に飲んだほうが良いでしょう。水素水を飲むタイミングを気をつけるだけで、活性酸素の発生量を減らし、マラソンの運動効果を上げることが可能です。
一度に飲む量
水分補給では1回で100ml程度を目安としてください。マラソン大会の給水所では、コップ1杯分の水がランナーのために用意されています。100ml程度を飲み、残りは身体にかけて体温を下げるために、多めに用意しているのです。人間の腸は1回に約250ml程度、1時間に800ml程度しか水分を吸収することができません。1回の水分補給で大量の水を飲んでしまうと、お腹を壊してしまうかもしれません。水素水で水分補給する際にも、飲みすぎないように気をつけてください。
サプリメントを併せて飲んだ方がいい場合
マラソンのように長時間激しい運動をしたら、大量の汗をかきます。汗と一緒に体内からナトリウムも大量に流れ出てしまうために、水素水だけでなく、電解質サプリメントを併用した方が良いでしょう。電解質サプリメントを飲むことで、失ったナトリウムを補うことができます。電解質サプリメントは、30分でも大量に汗をかく場合や、1時間以上運動する場合に服用しましょう。マラソン大会では2.5~3.0km間隔で給水所があるので、水素水で水分補給するついでに電解質サプリメントを飲みましょう。

飲むタイミングや飲む量を調整することで、水素水の効果を高めることができます。そうするとスポーツの結果にも変化が起きます。

活性酸素の減少はいい結果をもたらす

水素水

筑波大学の研究チームが、水素水に関する実験を行なった結果、水素水を運動前に飲むことでパフォーマンスの向上させることがわかりました。運動前に決められた量の水素水を飲むことで、運動中の筋肉疲労を最小限に抑えることができます。さらに、活性酸素の発生量が少ないので、疲労回復速度を早めることが可能になるため、高いパフォーマンスを維持することができるのです。水素水を飲むことで良い結果を得られるために、プロのアスリートも水素水を愛飲しています。

日常で水素水を飲んだ方がいいタイミング

日常生活をしているだけで、体内では活性酸素が発生します。マラソンなどの激しい運動だけじゃなく、日常生活には活性酸素が大量発生するシーンがあります。紫外線を浴びた時、ストレスを感じた時、喫煙や飲酒をした時、睡眠不足の時なども活性酸素が大量発生してしまうので、水素水を飲むと良いでしょう。また、朝起きてから出勤する前や登校する前に水素水を飲むと、その日発生する活性酸素を抑えることができます。もし、1日に1度しか飲むタイミングがないなら、起床後の飲むことをオススメします。

プロテインを水素水で割って飲む

プロテインは、筋力を増幅するイメージを持っている人もいますが、それだけではありません。スポーツをしている人の多くが愛飲しているプロテインですが、最近は効果を倍増させるために、プロテインを水素水で割って飲んでいる人もいます。水素水で割るとどのような効果があるのでしょうか。

プロテインを水素水で割る効果

女性

水素水の唯一の弱点の筋力増加を補うために、プロテインを水素水で割った飲み物を活用しているアスリートもいます。水素水は汗で失った成分や低下した機能をカバーすることができて、プロテインによって引き締まったボディラインになります。筋肉量を増やすことができるのでダイエット効果だけでなく、太りにくい身体にすることもできます。さらに、プロテインはタンパク質が豊富なので美肌効果もあります。

プロテイン水素水を飲んでいる人の声

体が引き締まりました(23歳/女性)

太りやすい体質でしたが、運動をしてプロテイン水素水を飲むことによって、筋肉がついてスタイルが良くなりました。運動後の疲れもないですし、オシャレを楽しめるようになりました。以前はスタイルが良くないせいで、可愛らしい服装ができなかったんです。でも今はプロテイン水素水のおかげで、体が引き締まり、可愛い服装が似合う体型になりました。

記録が伸びました(26歳/女性)

趣味でマラソンをしていて、大会にも出場したことがあるんですが、完走できないレベルでした。しかし、プロテイン水素水を飲むようになってからは、記録が伸びて今年初めて完走することができました。自己ベストもドンドン更新してますし、筋力がついて、持久力もアップしたと実感しています。サプリメントも一緒に飲むと疲れも残りません。

適度な運動の目安~軽いスポーツは体にいい~

適度な運動は健康に良いと聞きますが、具体的にどのくらいの運動量が健康に良いのでしょうか。目安となる運動量を把握しておきましょう。

適切な運動量は人によって違う

長生きをするためには、週に2~3時間程度のマラソンがベストだと、アメリカの研究者が発表しています。それ以上運動をすると、全く運動をしない人と同じ寿命になることも判明したのです。 また、適切な運動量は年齢によって異なります。適切な運動量の目安は、心拍数で計算することができます。 {0.5×(最大推定心拍数-安静時心拍数)}+ 安静時心拍数 = 適切な運動量の目安となる心拍数 ※最大推定心拍数=220-年齢 例. 40歳で安静時心拍数が60の人の場合 {0.5×(220-60)}+ 60=120 つまり、毎分120の心拍数になる運動量が最適となります。 程度な運動をすることで活性酸素の発生量を抑えることができます。マラソンやトライアスロンなどの激しい運動をする時は、水素水を飲んだほうが良いでしょう。

TOPボタン