スポーツで発生した活性酸素を抑える水素水の働き

スポーツ時に水素水を飲む理由~活性酸素の働きを抑える~

水

最近は健康に気を使う人が多く、習慣的にマラソンを楽しんでいる人も沢山います。マラソンなど、激しいスポーツをする場合は、水素水を飲むと疲れにくい身体になると言われています。どうして水素水を飲むだけで、疲れにくい身体になるのでしょうか。水素水とスポーツの関係をみていきましょう。

スポーツ時に水素水が働く流れ

活性酸素が発生する

スポーツをすると、普段よりも呼吸は激しくなり、筋肉の動きは活発になります。体内に取り込む酸素の量が増えるために、必然的に活性酸素ができやすくなります。体内に取り込まれた酸素は、細胞内のミトコンドリアで使用されてエネルギーに変換します。その過程で作られる老廃物こそが、活性酸素です。活性酸素は、他の細胞を傷つけるために、老化や疲れを起こしやすいのです。健康を維持するためにマラソンをしていても、大量に活性酸素が発生すると、本末転倒になるでしょう。

水素水が活性酸素の働きを抑える

マラソンなどの激しいスポーツで発生した活性酸素は、水素水で抑制することができます。活性酸素は、他の細胞を発見すると傷つけて電子を奪って、安定した物質になろうとします。しかし、水素水を飲んでいると、水素が活性酸素に引きつけられて、他の細胞を傷つけることを防ぎます。そのため、老化や疲れを感じにくくなるのです。また、水素と結びついた活性酸素は、化学反応で水に変化しますし、自然に排出できるので、人体には無害です。スポーツ時に水素水を飲むことで、発生した活性酸素を無害化できます。

激しい運動やスポーツで発生した活性酸素は、水素水を飲むことで取り除くことができるため、疲れにくい身体になります。では、活性酸素とは一体何なのでしょうか。次は、活性酸素の正体について詳しく説明します。

活性酸素について

身体に欠かせないもの
人は、呼吸することによって、1日に約500l以上の酸素を取り込んでいると言われています。食事で摂取した栄養素も酸素を活用してエネルギーに変換します。変換する際に取り込んだ全酸素の約2%が、強い酸化作用を持った活性酸素になります。もともとの活性酸素の本来の役割は、体内に侵入した細菌やウィルスの撃退なので、人には欠かせないものです。
増えすぎると危険
細菌やウィルスを撃退する活性酸素ですが、必要以上に増えると正常な細胞までも傷つけてしまいます。活性酸素によって傷つけられた細胞は、変異したり、死滅したりします。さらに、血液中のLDLコレステロールを酸化させて動脈硬化や血管の老化を促進させてしまいます。

活性酸素は、身体に必要なものでありながら、必要以上に増えすぎると悪影響を与える原因となります。しかし、水素水を飲むことで、活性酸素の働きを抑えることができるため、疲れや老化を防げます。

自分に合った水素水を見つけるために情報を集める

マラソンは活性酸素を発生しやすい~水素水で寿命を延ばす~

活性酸素が発生し老化が進むと、寿命にも影響があります。スポーツと寿命の関係についてみていきましょう。

スポーツと寿命の関係

「激しいスポーツをしている人は寿命が短い」という話を聞いたことがあるでしょうか。これは、スポーツをすると、通常よりも多くの酸素を取り込むために、大量の活性酸素が発生するからです。スポーツをしているために一見健康そうに思えますが、活性酸素の被害に遭うために早死してしまう人が多いのが現状です。

全てのスポーツが身体に悪いというわけではありません。適度なスポーツは健康維持に欠かせないのですが、激しいスポーツの場合は注意が必要です。特にマラソンは持久力が求められるスポーツなので、大量の活性酸素が発生します。

マラソンのような長時間の運動は特に活性酸素が増える

マラソン選手は、過酷な状況下で身体を極限まで追い込んでゴールを目指しています。テレビ中継を見ていると、ゴールした瞬間に倒れ込む選手も沢山います。彼らの身体の中には、大量の活性酸素が発生しているために、寿命を短くすると考えられている。マラソンのような長時間激しい運動をするスポーツは、血液中の好中球の数が増加します。好中球とは、内部の酵素を使用して活性酸素の一種を発生させる白血球です。1時間以上激しいスポーツを続けると、骨髄からも好中球が発生します。骨髄から発生した好中球は、とてもパワフルなので、活性酸素の発生数も多くなってしまいます。そのため、マラソンのような長時間のスポーツは、短時間のスポーツに比べて活性酸素の発生数が多い傾向にあります。

マラソンで活性酸素が増える原因は紫外線にもある

マラソン

活性酸素の本来の働きは、細胞を強い酸化作用によって守ることです。体内に侵入した細菌やウィルス、有害物質を退治することができるのです。紫外線も人体にとっては有害な物質ですので、紫外線を浴びすぎると活性酸素が発生する原因になります。マラソンは通常屋外で練習を行ないます。長時間激しい運動をするので呼吸量は多くなり、紫外線も大量に浴びてしまうので、マラソンをすることで体内の活性酸素が増えやすくなるのです。

活性酸素以外の寿命への影響

持久力を必要とするマラソンやトライアスロンの選手は、激しい運動により一過性の免疫機能低下が起こります。競技終了後約2週間は、通常より風邪をひくリスクが2~6倍になると報告されています。さらに、一週間に30~40kmの距離を、時速12km以上のスピードで走ると、心臓への負荷が大きくなり、全く運動をしない人と同等の健康被害が起こると報告されています。マラソンやトライアスロンをすることで、寿命を短くして、心筋梗塞のリスクを高くします。

TOPボタン